[永久保存]理論的に痩せるための3つの方法

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです。

 

今回は、今までにいろいろな

ダイエットを試してきたけど

尽く失敗してきた!

と言う方や、これから少しでも痩せたい!

と思っている方に

理論的に痩せる方法をお伝えしていきます!

 

 

理論的と聞くと、

「難しいかも?」と思う人もいるかと思いますが、

全然そんなことはなく、

極力わかりやすく

3つのパートに分けて

1つずつ説明しますので、

ご安心ください(*゚▽゚)ノww

 

 

それでは、まず初めに・・・

皆さん

「基礎代謝量」

と言うのは聞いたことありますか?

 

先にざっくり説明してしまうと、

「何もせず、寝たままの状態でも必ず消費される

エネルギー(カロリー)」のことです。

 

本当に何もしなくても消費されるの?

と疑問を持たれている方が多いですが、

本当に何もしなくても消費されるエネルギーとなります。

 

では、なぜカラダを動かさなくても

エネルギーは消費されるのか?

について説明します。

 

人間は常に心臓が動いています。

心臓が動いていると言うことは

心臓から血液が送り出されている

ことになります。

それを”動脈”と言います。

その心臓から送り出された血液がカラダ中をめぐり

心臓へ戻ってきます。

それを静脈と言います。

個人差はありますが、1分あたりに約70回の鼓動をしています。

これが「基礎代謝」の正体です。

 

もう1つ・・・疑問に持たれている方が

多いので説明します。

 

筋肉量が多い人は「基礎代謝量も高い」のは本当?

 

答えは本当です!

 

理由は、静脈に関係があります。

 

心臓から一番遠い部位となる足。

心臓から一番遠い上に重力の関係で

足から心臓まで血液を送り出す際に

強い力が必要になります。

それが、筋肉の役割ということです。

 

もう少し、噛み砕いた説明をすると

筋肉は動かすことで収縮と弛緩を繰り返します。

筋肉が収縮している状態だと血管を圧迫してしまいます。

 

逆に弛緩している状態だと正常に血液を流すことができます。

 

要するに、筋肉量が多いと

「筋肉の収縮ー弛緩運動がスムーズ」となり

筋肉量が少ないと

「筋肉の収縮ー弛緩運動がスムーズに行われず、逆にむくみの原因」 に

なってしまうと言う訳です。

また、筋肉量が少ないと「下肢静脈瘤」を発症

してしまうリスクあるので注意が必要です。

 

長くなりましたが、ここから本題です。

 

[基礎代謝量の求め方]

いろいろな求め方がありますが、

今回は「ハリス・エネディクト式」と言う方程式を

使い、求めていきます。

 

男性:13.397×体重kg+4.799×身長cm-5.677×年齢+88.362

女性:9.247×体重kg+3.098×身長cm-4.33×年齢+44.593

 

例として、僕の基礎代謝を求めていきます。

 

13.397×67kg+4.799×177cm-5.677×37歳+88.362

=1625kcal

 

以上が1つ目のパートとなります。

 

続いて、2つ目のパートです。

 

1日の消費エネルギーはどのくらいなのか?

 

こちらは「身体活動レベル」と言うのがあり

その活動レベルを当てはめるだけで

大枠の消費エネルギーと言うのがわかります。

 

身体活動レベルは3段階あります。

 

レベル1.[1.5]

・生活のほとんどが、静的な活動が中心の方

レベル2.[1.75]

・座位中心の仕事だけど、1日の半分くらいは移動や立位での作業、

出勤、買い物などをしている方

レベル3.「2.0」

・移動や立位の多い仕事、もしくはスポーツどの活発な習慣も持っている方

 

※[ ]にある数値が重要

 

僕は、普段から筋トレをしたり、

移動で動きまわることが多いので

身体活動レベル3.に設定します。

 

先ほど求めた、基礎代謝量1625に2.0(身体活動レベル3)を掛けます。

1625×2.0=3250kcal

3250kcal、こちらが僕の1日あたりの消費エネルギーとなります。

 

 

最後、3つ目のパートです。

 

1日の具体的な摂取エネルギーの求め方

 

 

いきなりですが…

脂肪1kg落とすのにどのくらいカロリーを制限しなければならないか

ご存知でしょうか?

 

聞いたことがある人もいるかと思いますが、

「7200kcal」を制限しなければならないのです!

脂肪1kg落とすだけで、7200kcalですからね。

 

よく10kg痩せたーい!

20kg痩せたーい!と

耳にしますが、もちろん不可能ではないです!

不可能ではないですが、

 

1kg7200kcalなので、

10kgだと72000kcal…

20kgだと144000kcalを

制限しなければならない計算となります。

 

72000kcalって想像出来ます?

仮に食事の量を変えず、ウォーキングのみで10kg痩せようと

思ったら、どのくらい歩かなければいけないのか?

パッと出てきませんよね?ww

 

体重にもよりますが、

ウォーキング30分で約100kcalの消費になります。

と言うことは、

1時間で200kcalなので、

360時間ウォーキングをしなければ

10kg痩せることは難しいと言う訳です。

360時間ということは丸15日間歩く計算になります。

 

 

話しを戻しますが・・・

さっき求めた、僕の消費エネルギーが3250kcalなので、

丸3日間、食べずに過ごしてようやく1kg落ちる計算となります。

ただ、何も食べないと健康的なダイエットとは言えないので、

どうすれば良いのか?

 

やり方は色々ありますが、今回は3つに絞ります。

・1日あたりの食べる量を減らし、摂取カロリーを抑える

・ウォーキングなどの有酸素運動を毎日、数十分行い、消費エネルギーを増やす。

・筋肉をつけて基礎代謝量自体を上げちゃう!

など!

3つ目の筋肉をつけて基礎代謝を上げることは、

多少時間が掛かってしまうものなので、

将来的に、健康かつ太りにくくしたいと言う方は

1日でも早く筋トレを始めてください!

 

今回のテーマは「理論的に痩せる!」ということなので

少しでも速く痩せたい!と思っている方が多いかと思います。

 

ここからは、どのくらいの期間でどのくらい脂肪が落ちるのか?について

例を挙げて説明していきます。

 

仮に、僕が2週間後に3kg痩せたいとしましょう!

そうすると、脂肪1kgあたりが7200kcalなので、これに3を掛ければ

目標とするカロリーが出されます。

 

計算をすると、21600kcalとなります。

この21600kcalに2週間、14日ですね。

この14を割ると

1日あたり、1543kcal制限しなければならないことになります。

僕の1日の消費ネルギーが3250なので、それに1543を引き

1日あたり、1707kcalに抑えることができれば、2週間後には3kg痩せる!

と言う計算となります。

 

こうやって考えると、かなり現実的な数値が見えて、

目標が立てやすくなりますよね。

 

ただ、一番大切なことは健康なので、

くれぐれも無理はしないようにしてください。

 

少し前にも話しましたが、将来的に考えたら、

やはり筋肉量を増やし基礎代謝量を上げた方が

健康にもなりますし、時間的な観点からみても人生の生産性は確実に上がります!

 

こちらの記事で1人でも多くの方が

健康に関して興味を持って頂けましたら嬉しいです!

 

また動画も配信しているので、

よかったらそちらも合わせてご覧頂けたらと思います。

 

 

 

それでは、今回はここまで!

 

皆さまにとって、良い1日になりますように☆ミ



 



 



d36ry5vn

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です