確実にお尻が上がる!正しいスプリットスクワットのやり方!

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです。

 

今回は、大人気種目!

「スプリット・スクワット」のご紹介です♪

 

トレーニーの皆さんでしたら、一度はやったことがあるかと思いますし、

トレーニングを始めて間もない方も、

種目名は知らなくても、実際にトレーニングをしている

風景は見たことがあると思います!

 

今回は、このスプリット・スクワットの

「運動生理学」と「正しいフォーム」を

ご紹介していきます٩( ‘ω’ )و

 

それでは、まず・・・

運動生理学から説明していきます!

(そんな話より、早くフォームを教えろー!

という方は、こちらを飛ばしてください。笑)

 

さて・・・

皆さんは普段どうやって歩いていますか?

 

普通の人であれば、右足が前に出たら次は左足と、

足を交互に前に出して歩いているかと思います。

 

お笑い芸人の”COWCOW”の当たり前体操の歌にもありましたね!笑

※知らない方はスミマセン。。。笑

 

その時に、主に働いてくれている関節(筋肉)は

どこだと思いますか?

 

その通り!

「股関節(お尻や腸腰筋)」です。

 

但し、全員が股関節を使って歩けている訳ではありません。

 

どういうことかと言うと・・・

 

人にはみんな”クセ”と言うのがあります。

その為、歩き方にもクセが出てしまいます。

 

重心が右寄りだったり、前のめりだったり・・・

ホントに様々です。

 

そんな中、非常に多く見られるのが、

膝から動いてしまっている方です!

 

そもそも”膝”という関節はスタビリティ(stability)なので、

(簡単に言うと)バランスをとり安定させる為の役割りとなります。

 

一方、股関節はモビリティ(mobility)となり、

(簡単に言うと)自由度の高い関節で積極的に

動かしていきたい関節となります。



 

ここで、一度話しを戻します。

 

スプリット・スクワット(以下、SSQ)は上にあった画像の通り、

足を前後に開いてスクワットのように上下するトレーニング種目となります!

 

その為、限りなく歩行動作に近い動きをするので

正しくSSQが出来ると、キレイに歩くことが出来るようになります!

 

その結果、普段の生活で、お尻の筋肉を使うことが出来るので、

お尻の筋肉が極端に落ち、お尻が垂れてくるのを防ぐことができます。

※とは言っても、徐々に筋肉は落ちていくものなので、定期的な筋トレは必要です。

 

1人でSSQをやっている方をよく見かけますが、

かなりの確率でフォームが崩れている光景を目にします。

 

具体的に崩れたフォームとは、膝が先行して動き

膝がブレブレになってしまっていたり・・・

膝が内側に入ってしまっている状態です。

 

このようなフォームを続けていると、

いずれ膝や腰などを痛めてしまう可能性が

非常に高いです(>_<)

 

ですので、早い段階で

正しいフォームを身につけ、

正しく歩けるようになるのは

もちろんですが、

キレイなヒップラインを作っていきましょう♪

 

それでは、ここからフォームの説明となります!

※アングルが若干、下からで見にくいかもしれません。。

 

①足を腰幅に開く

 

②片足を一歩後ろへ下げる

 

③重心を前足に乗せたまま腰を落とす

 

④前足が浮かないようにカラダを持ち上げる

この動作を繰り返します。

 

実際によくあるエラーを下にまとめました。

 

◯後ろ足に効いてしまう方

・最初のポジションもしくは、動作中に

骨盤が後傾してしまっている可能性が高い。

→対処方法は、鏡の前で横向きになり、骨盤の傾き具合をチェック!

腰が丸まってしまうと、股関節が機能しにくくなるため、

股関節の可動状態が低い、後ろ足に負担が掛かってきてしまいます。

 

◯前足の太ももに効いてしまう方

・骨盤が前後斜めになっている可能性が高い。

(右足が前の場合は右側の骨盤が前に出ているかと思います)

→対処方法は、SSQを繰り返しながら徐々に

出している足と反対側の骨盤を前に出す。

 

動画を貼り付けておきますので、

よろしければ、ご参考くださいませ^ ^

 

 

少しでも、皆さんのお役に立てたら嬉しいです(*゚▽゚)ノ

 

それでは、今日も素晴らしい1日を!

 

d36ry5vn

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です