よく”つまずく”方は必見!つまずくことは実は危険信号?~トレーニング編~

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです!

 

今回は前回の続き

「よく、つまずく方」の改善方法  ~トレーニング編~

簡単に前回までの復習で

まず、大腰筋は小腰筋と共に

上半身と下半身を繋ぐ、唯一の筋肉となり、

その為、大腰筋が硬くなったり、弱くなってしまうと

膝があげにくくなり、つまずきやすくなってしまう。

 

そこで、大腰筋の反射点と言うのを使い

リリース方法をお伝えさせていただきました。

 

それだけでも、

硬さは取り除くことはできるので

かなり、つまずきにくくなるはずです。

 

ただ、やはり筋肉と言うのは

何もしなければ落ちていってしまうものなので、

今回は大腰筋の「トレーニング編」と言うことで

お伝えしていきます!

 

大腰筋トレーニングのやり方

 

①壁に背中をつける

この時、「後頭部・お尻・カカト」が壁につくようにしていきましょう。

(壁につける理由は、骨盤が動かないように安定させるためです)

  

 

②片足を軽く前にだし、出した足の膝を上げていきます。

この時に、膝が曲がりすぎないように注意してください。

  

 

③腰くらいの高さまであげたら、ゆっくりと元の位置に戻します。

  

 

※この動作を繰り返します!

 

30回あげたら、反対側の足も同様に行います。

 

上手に大腰筋に効かせるPOINT

・股関節から曲げて、膝を真上に上げる。

・勢いをつけず、ゆっくりと行うこと。

(目安は4秒で上げて4秒でおろすイメージ)

→大腰筋はインナーマッスルになります。

動作が速くなってしまうと、

大腰筋ではなく、表面の筋肉、大腿直近に効いてしまいます!

  そうなると、せっかく大腰筋のトレーニングをしているのに

  太ももの筋肉が強化されてしまい目的が変わってしまいます。

  ですので、動作はゆっくり丁寧に行うようにしていきましょう。

 

正しく、大腰筋に効かせることができれば

足の付け根あたり(大腰筋)がポカポカしたり、

ほんのり疲労感を感じることができます。

 

また、慣れてくれば、壁なしでどこでもできるようになるので、

是非、続けてやってみてください。

 

そして、身近の方などでよくつまずく人がいれば、

こちらのトレーニング方法を教えてあげてください。

 

約1ヶ月間、毎日30回を3セット続けていれば、

つまずくことがなくなり

歩くのが、かなり楽になるはずです!

 

動画でも配信していますので、

よろしければ、ご参考頂けたらと思います♪

 

それでは、今回はここまで♪

 

本日も、皆さんにとって素晴らしい1日になりますように☆ミ

 







 

 

d36ry5vn

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です