1ヶ月間で痩せられる食事方法![GI値について解説]

前回に引き続き・・・

1ヶ月間で痩せられる食事方法2つ目をご紹介!

 

今回は・・・

食べる順番

ほとんどの人が聞いたことがあるかと思います。

[ベジ・ファースト]

 

そうです!

「野菜から食べましょう!」と。

野菜から食べることによって、血糖値の上昇が緩やかになり

結果、太りにくい食べ方と言えます。

なぜ野菜から食べることで

血糖値の上昇が緩やかになるのでしょうか?

それはGI(グリセミック・インデックス)値

いうものが大きく関係しています。

※一般的に野菜全般、低GI食材と言われており、

反対に高GI食材は、白米やお餅、砂糖と言われいます。

 

GI値とは?

白米やお餅、パンやケーキなど、

糖質を多く含んだものを食べると、

消化の際に糖質が分解され

ブドウ糖となって

体内に吸収されます。

 

そのブドウ糖は血管の中に入り、

血流に乗り全身を巡ります。

この「血液の中に入ったブドウ糖」の
ことを「血糖」と呼ばれています!

 

また血糖値が上がると、

すい臓から「インスリン」と

言うホルモンが分泌されます。

※インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモン物質です。

 

 

人は、動いている時はもちろんですが、

寝ている時もエネルギーを消費します。

 

そのエネルギーの源となっているのが

「ブドウ糖」となります。

 

 

と言うことは、体内からブドウ糖がなくなり

枯渇状態になってしまったら生命を維持することが

できなくなってしまう!と言うことです。

 

車で例えると「ガス欠」状態ですねT^T

 

 

ブドウ糖は常に血液中に存在し、

使われなかった分も

体内に貯蔵しておける

仕組みになっています。

 

その貯蔵されているブドウ糖が

脂肪になります。

 

従って、ブドウ糖が過剰に余り過ぎていると

脂肪になる量も増える!と言うことです。

 

 

そう考えると、難しいですよね。。。

 

糖質を摂らないとガス欠になるし…

糖質を摂り過ぎると脂肪がついちゃうし…

 

そこで、前回ご紹介しました、

「PFCバランス」をご参考ください ^ ^

http://ogawa-takeyoshi.com/training/%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bctake%e3%81%ae%ef%bc%bb1%e3%83%b6%e6%9c%88%e9%96%93%e3%81%a7%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e9%a3%9f

 

高GI、低GI値の定義は?

低GI食材 → 55以下

中GI食材 → 56~69

高GI食材 → 70以上

 

GI値を急激に上げないPOINTを

下記3つにまとめました!

①朝ごはんを食べること

②間食を上手にとること

③低GI食品を選ぶこと

 

 

コンビニなどで手軽に手に入る

オススメの低GI食品はこちらになります↓

・サラダ全般

・玄米おにぎり

・パスタ

・無塩ナッツ

・無糖ヨーグルト

などなど…

 

コンビニでも、様々な

低GI食品が揃っています ^ ^

 

おまけ・・・

空腹時の血糖値正常値は99mg/dL以下とされています。

(日本人間ドッグ学会)

 



 

以上!

それでは、みなさんがHAPPYな

生活が送れることを

心より願っております☆ミ

 

 



 

d36ry5vn

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です