プロテインWPC?WPI?何が違うの?

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです。

 

今回は、プロテインについて

解説しようと思います٩( ‘ω’ )و

 

皆さん、プロテインは飲んでいますか?

 

トレーニングをハードにされている方や

ダイエットをしている方は

ほぼ飲んでいるのではないかな?

と思います。

今回はプロテインについては

置いておいて、

プロテインの種類(製法)について

ご説明していきます。

 

「WPC」と「WPI」の違い

 

【WPC(ホエイ・プロテイン・コンセントレート)】

■特徴

・牛乳から乳清(ホエイ)をろ過して凝縮したもの。

・ざっくりろ過しているだけなので、カルシウムや

 ビタミンなどのタンパク質意外の栄養素も残りやすいのが特徴。

・タンパク質含有量は85%未満のものがほとんど。

・乳糖を多く含んでいる為、牛乳などでお腹を壊しやすい人は注意。

・若干溶けにくく、ダマになりやすい。

・比較的、安価。
・WPIに比べると吸収速度はゆっくり。(約3時間で吸収される)
※トレーニング後よりは普段使いに適している
【WPI(ホエイ・プロテイン・アイソレート)】
・WPC製法の後に「膜処理」や「イオン交換」といった方法で
 不純物を取り除いたもの。
・タンパク質含有量も90%以上のものが多い。
・乳糖もほぼゼロなので、牛乳でお腹を壊しやすい方もオススメ。
 ※但し、全員が必ずお腹を壊さない。と言う訳ではありません。
・脂質もWPCより低いのでダイエット向き。
・吸収速度が速い。(30分~2時間で吸収される)
 ※トレーニング直後に向いている
【まとめ】
・気軽にプロテインを飲みたいと言う方はWPC。
・ハイクオリティを求めるならWPI。
・WPIはWPCよりも製法に手間が掛かっている為
 若干、価格は上がりますが、個人的にはWPIがオススメです!
以上、今回はここまで(*゚▽゚)ノ
少しでも皆さまの参考になれば嬉しいです!!
本日も、皆さんにとって良い1日になりますように☆ミ

 







 

 

d36ry5vn

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です